アークフィルムズ

映画配給の株式会社アーク・フィルムズ

NEWS
2018.10.1
【最新配給作品】
「遊星からの物体X<デジタル・リマスター版>」の情報をUPしました
2018.8.16
【最新配給作品】
「世界で一番ゴッホを描いた男」の情報をUPしました
2018.8.10
【最新配給作品】
「SHOCK WAVE ショック ウェイブ 爆弾処理班」の情報をUPしました
2018.1.2
【最新配給作品】
「彼の見つめる先に」の情報をUPしました
2016.11.13
【最新配給作品】
「ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル ~イタリア・ネオレアリズモの軌跡~」の情報をUPしました

2018年10月20日(土)より新宿シネマカリテ、伏見ミリオン座ほか全国順次ロードショー!!

芸術に人生を捧げた孤高の画家ゴッホ、そしてゴッホに人生を捧げる男  
20年にわたりゴッホの複製画を描き続け、本物の絵画を見たいと夢み、ゴッホに人生を捧げる男の姿を追った感動のドキュメンタリー
 

 フィンセント・ファン・ゴッホ。後期印象派を代表する画家でありながら生前は不遇な人生を送ったといっても過言ではない。自分の命を削りながら一筆、一筆をキャンパスに自身をぶつけ、芸術に人生を捧げ、芸術の高みを目指したゴッホ。そんなゴッホに魅せられた男が中国にいた。  
  中国・深圳市近郊にある油画の街、大芬(ダーフェン)ではゴッホをはじめとする有名画家の複製画制作が産業として確立されており、実に世界市場の6割のシェアを誇ると言われている。本作はそんな大芬で20年にもわたりゴッホの複製画を描き続ける画家が〝本物のゴッホの絵画を見たい″と夢み、ついにアムステルダムを訪れるまでを描いた感動のドキュメタリー。  
  本作は2016年アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭ワールド・プレミア後、多くの映画祭で上映され、2017年SKIPシティ国際Dシネマ映画祭では監督賞を受賞。またNHK「BS世界のドキュメンタリー」では『中国のゴッホ 本物への旅』として短縮版が放映され反響を呼んだ。  

監督:ユイ・ハイボー、キキ・ティンチー・ユイ
出演:チャオ・シャオヨン
提供:アルカディア・パートナーズ/エイポック
配給:アーク・フィルムズ/スターキャット  宣伝:祭屋
協力:朝日新聞社  後援:オランダ王国大使館
字幕翻訳:鈴木真理子
2016年/中国・オランダ/84分/
原題:中國梵高 英題:China's Van Goghs